FANDOM


Watch Dogsの日本語版がついに発売されましたね。 このWatch Dogsはまだゲームでは世界初の試みを多数行っています。 オープンワールドで、ありとあらゆるものをハッキングしながら謎を解き明かしていくというゲームは今までにあまり見られないものだったと思います。

現実世界にあるものはWatch Dogsのように信号機をハッキングしたりするほどありとあらゆるセキュリティがひとつのネットワークにつながっているとは限らないものですが、このゲーム世界のシカゴctOSですべて一元管理されているのか、そういうことができてしまうようですね。まるでターミネーターのスカイネットみたいですね。スカイネットみたいなことができれば本当に簡単に世界を支配できてしまいますが、このゲームではシカゴでそういうことができるようですね。しかもスマートフォンでハッキングしようとするとバッテリーを消耗が激しいのでそう簡単にハッキングできないという発想が面白いです。


現実世界ではここまでハッキングできるようにはなっていないものですが、それでもインターネットを巡る詐欺犯罪には気を付ける必要があります。実際、Kasperskyでは、ウォッチドッグスの[1]が開設されています。このウェブサイトでは、日本で実際に起きているインターネット関連の詐欺犯罪を今そこにある危機として警鐘を鳴らしています。

日本人はセキュリティ意識が甘いといわれています。また海外のセキュリティの専門家から見ても、多くの日本企業がセキュリティ対策を怠っていると言われています。現在の技術とインフラではWatch Dogsのような恐ろしいことはそう簡単には起きないかもしれませんが、現実では遠隔操作による冤罪事件も起きていますしお金をだまし取られる事件も起きています。また他の国から技術が盗まれています。油断はなりません。実際のインターネット犯罪は、Watch Dogsのような格好良いやり方ではなく、意外にも電話や人間を介するという原始的な組み合わせで行われていたりするケースもあります。ちょっとした油断で金銭的な被害を受けるケースがありますね。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki